©2019 by 一般社団法人 全国ご当地スーパー協会

ご当地スーパーにでかけよう

当協会は、多くの「ご当地スーパー好き」のファンと共に、全国のご当地スーパーとご当地食品メーカーを応援し、日本の豊かな食文化を守り伝える団体です。

 
野菜市場

「ご当地スーパー」の定義


一般社団法人 ご当地スーパー協会(以下、当協会)では、以下の3つのいずれかにあてはまるスーパーマーケットを"ご当地スーパー"と定義づけています。


1.地元発祥

2.ご当地食が豊富

3.限られた地域のみで展開

 

全国ご当地スーパー協会について

こんにちは。

一般社団法人「全国ご当地スーパー協会」理事長で

スーパーマーケット研究家の菅原佳己です。


当協会の設立の大きな目的は2つ。

1つは、全国の私と同じような「ご当地スーパー好き」なファンのための

ファンクラブのような団体をつくりたかったということ。

もう1つは、全国のご当地スーパーと地元メーカーの応援になる事業を展開したい、ということです。


私自身は、ご当地スーパー好きが高じて、2014年から3冊のご当地スーパー本を出版し

スーパーマーケット研究家という仕事をつくりました。

以降、『朝日新聞』土曜別刷「be」で「お宝発見 ご当地食」

雑誌『LDK』で「ご当地スーパー探検隊」などを連載中です。


全国各地の個性的なスーパーマーケットや

地元の人々が毎日何気なく食べている地元の食に「他にはない価値がある」という視点で

ご当地スーパーとご当地食を紹介。

テレビやラジオなどにもできるだけ出演するようにして、その魅力を伝え続けてきました。


その結果、以前は決まってスーパーを取り上げるテレビや雑誌のテーマが「激安店」であったものが

「ご当地スーパー」「ご当地食品」に変わってきました。

文化・情報として、ご当地スーパーやご当地食に注目していただけるようになり、多くの視聴者や読者にも

値段よりも商品のストーリーに価値があることを共感してもらえたことと自負しています。


しかしながら、この数年内でも廃業されるご当地スーパーやメーカーがありました。

一人の力では無力ですが、協会としてなら応援できることも広がると考えています。


親しみをこめた呼び名で認知された「ご当地スーパー」というカテゴリーを

団体として明確に定義させ、さらにファンの力とマスコミの力もお借りして

「ご当地スーパー」というブランド力をさらに高めていけるよう

当協会が、ご当地スーパー・地元メーカー・ご当地スーパーファン、そしてマスコミへの橋渡し役となり

業界を盛り立てていければ幸いです。


  令和元年 7月吉日

  一般社団法人「全国ご当地スーパー協会」理事長

  スーパーマーケット研究家  菅原 佳己

 

プログラム

ご当地スーパーファンのみなさま向けと
ご当地スーパー及びローカル食品メーカーのみなさま向けの
プログラムをご用意しています

 
IMG_1398.JPG

スーパーマーケット研究家

入門講座

一般の方と
ご当地スーパーファン向け

ーーーご当地食は心の栄養ーーー

地域ごとに特色あるスーパーがあり、多くのご当地食を扱っていますが、意外に地元の方々はその由来や食べられるようになった背景を知りません。

地域の歴史と食文化を知ってから味わうと、もっと美味しいご当地食。楽しみながら、食の知識と理解を深め、さらにその喜びを多くの人たちに伝える「スーパーマーケット研究家」入門講座です。

このプログラムに興味をお持ちですか?今すぐご連絡ください。

IMG_3517.JPG

「ご当地スーパー&ローカル食品メーカー」の

スーパーとメーカーのみなさま向け

当協会では、一般の方々向けのプログラムとして、「ご当地スーパーバスツアー」や「ご当地スーパー直送便」などの事業を予定しています。また、テレビ番組や新聞、雑誌などに売り込みたいというスーパーやメーカーのみなさま。まずは、ご連絡ください!

160930 (2).JPG

店内写真撮影OKの店、お知らせください!

ご当地スーパーのみなさま
一般のみなさま

スーパー店内でSNS用に写真を撮ることを推進しています。

素敵な商品、キレイなディスプレイ、今はSNSの写真で検索する時代です。買いに行きたくなる写真を撮って、お店の名前をハッシュタグ「#」をつけてもらいましょう。

お知らせいただいた店舗には、「インスタ撮影OK」の店頭用ステッカーを協会から進呈いたします。

 

お問い合わせ

104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F

03-5537-6741